新着情報

2018/10/29

【独立したい向け】自由になるためには、今すぐ会社を辞めよう

こんにちは。

イラストレーションオフィス ビジョンデザイン代表のRYOです。

私は勤めていたデザイン事務所から独立後、札幌市のオフィスでお客様から依頼されたロゴやホームページなどをデザインして生計を立てています。

今日は独立して個人で生計を立てたい人に向けてお話ししたいと思います。

 

あなたは個人でお金を稼いで生活したいと思ったことはありますか?

朝目覚ましの不快な音に起こされ、満員電車に揺られ、会社で上司に怒鳴られながら、夜10時過ぎまで残業、そして明日も明後日もそれの繰り返し...

そんな生活に嫌気がさしているのではないでしょうか。

 

「もうサラリーマンはイヤだ!独立してやる!」

 

その想いはあるのに行動には移さない、その理由は独立することに高いハードルを課しすぎだからです。

 

独立するためのステップは次の3つです。

①会社を辞める

②「クラウドサービス」で取引する

③ホームページを開設して稼ぐ

 

 

①会社を辞める

いきなりハードルが高いと感じましたか?

「辞めたいけど辞めれないんだよ!」

そんな声が聞こえてきそうですね

 

しかし、会社を辞めなければ独立できません。

 

「辞めれない」と言っている人が躊躇している理由は次のようなものではないでしょうか。

 

1、会社が辞めさせてくれない

2、会社に迷惑がかかる

3、収入が不安定になる

4、生活していく資金がない

 

1と2は論外です。

会社に、労働者を意思に反して雇用し続ける権限はありません。

進めているプロジェクトがあるなら、上司に報告して他の社員に引き継ぎをしましょう。

「だって会社がー」なんて言い訳をせずに、自分の意思で生きましょう。

 

3と4は切実な悩みですね。

やはりお金がなければ生活していけません。

しかし独立すれば最初のうちは収入が不安定になることは避けられません。

収入が不安定、という状態を経験したくないのであれば独立は諦めた方がいいです。

当面の生活資金が必要という人で、きちんと期限を決めていつまでに何円貯めるか明確に設定している人は、貯金をしてから独立するというのもいいでしょう。

 

私は辞めたくなった時に速攻で辞めました。

 

「自分で考えたお店の魅力を伝えるロゴの提案」「目的にあったキャラクター作成」など、やりたいことがたくさんあったからです。

決意した時に行動せずに、後に引き伸ばせば、せっかくの想いが鈍ってしまうと考えたのです。

独立当初は、食費を切り詰めて生活していました。

生活に余裕はありませんでしたが、会社に拘束されることなく、スケジュールを全て自分で管理し、自由に良質なサービスを提供することの研究に打ち込めました。

 

今では生活費で苦労したことを含めて良い決断をしたと思います。

 

 

②「クラウドサービス」で取引する

インターネット上には様々なオンラインで取引できるサービスがあります。

用意するものがパソコンとネット環境だけですので、初期費用がほとんどかかりません。

代表的なものが「クラウドワークス」「ランサーズ」「ココナラ 」です。

デザインや法律相談、ライティングや占いなど提供できるサービスはたくさんあります。

 

自分が会社員時代に身につけてきた技術や、これから仕事にしていきたいものを選んで提案していきます。

「そんなこと言ったって提供できる技術なんてない...」

そんな人もいると思います。

大丈夫です。

クラウドサービスを利用する人は、そこまですごい技術を求める人は多くないです。

お店の広告に使うイラストをワンコインで買えたらラッキー、ぐらいに思っている人が多いです。

 

私も最初は500円から売っていきました。

お客様とのやりとりを通じて、要望に応えていくために少しづつ技術が進歩していくのがわかりました。

「もっと洗練して」「もっとかっこよく」「もっと可愛く」「もっとわかりやすく」

お客様に教えられる感覚です。

 

会社員時代よりも濃密な取引の連続の中で、実績が増え、いつも依頼してくれるファンのようなお客様も増えてきました。

次第にお客様の求めてくるレベルも高くなります。

そうなると自分の技術のレベルも向上させていきます。

自分の出しているサービスがランキング上位の常連になり、より多くの客様が自分のデザインを高く評価し、満足いくお値段で買っていってくれるようになりました。

 

 

③ホームページを開設して稼ぐ

長い期間クラウドサービスをやる中で、そろそろ頃合いだと思う頃に、ホームページを開設して自分で運営するお店を開くことをお勧めします。

ここまできたら大丈夫。

あとは分が作り上げてきた実績と経験で多くの人と交流し、サービスを提供していくだけです。

 

あなたも独立して自分の技術で多くの人を幸せにしてください。

そして自分のための充実した人生を生きてください。

ビジョンデザインもデザイン作成・ブランド戦略のアドバイスで応援しております。